州によっては法人登記申請時または設立直後に、法務局に報告書の手続き等が必要であったり、新聞に設立を公告しなければなりません。以下は、それらをまとめたものです。

報告書の提出等が必要となる州

  •  アラバマ州:すべての新規事業者(非営利団体およびパートナーシップを除く)は、設立日の2ヶ月半以内に、フォームBPT-INと呼ばれる税申告書を提出する。
  • アラスカ州:コーポレーションおよびLLCは、設立日から6ヶ月以内に初回の会社情報登録書を提出する。それ以後は、隔年の報告となる。
  • カリフォルニア州:すべての営利法人は、登録後90日以内に初回の会社情報登録書を提出する。
  • コネチカット州:全ての営利または非営利コーポレーションは、最初の創立会議から30日以内に会社情報登録書を提出する。
  • ワシントンDC:設立後次の4月1日までに会社情報登録書を提出する。
  • ジョージア州:全ての営利または非営利コーポレーションは、最初の創立会議から90日以内に会社情報登録書を提出する。
  • ルイジアナ州:会社設立時に基本定款に初回の会社情報登録書を添付する。
  • ミズーリ州:法人は、設立から30日以内に最初の報告書を提出する。
  • ネバダ州:コーポレーション、LLC、パートナーシップは、登録した月末までに役員登録およびビジネスライセンス申請書を提出する。
  • ニューメキシコ州:全ての営利または非営利コーポレーションは、設立証明書を受理した日から30日以内に会社情報登録書を提出する。
  • サウスカロライナ州:コーポレーションは、会社設立申請時に初回の会社情報登録書CL-1添付する。
  • テキサス州:コーポレーション、LLCは、フランチャイズ税を州税務局に支払う際に公開情報報告書を提出する。
  • ワシントン州:コーポレーション、LLCは、申請から120日以内に初回の会社情報登録書を提出する。

 新聞公告を必要とする州

  •  アリゾナ州
  • ジョージア州
  • ネバラスカ州(州内コーポレーション・LLCのみ)
  • ネバダ州(州外コーポレーションのみ)
  • ニューヨーク州(LLC・LLP・LPのみ)
  • ペンシルベニア州(州内・州外コーポレーションのみ)

※当記事は執筆時点の情報です。
※最新情報についてやその他不明点などありましたら、お気軽にご連絡願います。

アメリカビジネスの基礎知識 もくじ

アメリカ事業進出の基本

アメリカの会社のしくみ

会社設立の手順

設立州の選び方

日本営業所の登記

ハワイ州特集

会計・税務

閉鎖手続き

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2022 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.