現時点で日本において会社経営を行なっておらず駐在員ビザ取得を目指す場合は、米国法人とその日本支店を設立し、まず日本支店で事業を開始するという方法をお勧めします。

小売店開店の手順例

2016-06-16_11-25-31

自身が渡米せず、現地の経営をアメリカ居住者に依頼するのでしたらビザの心配はありませんが、渡米する場合はビザが取得できることを移民弁護士等専門家へ相談しクリアしておく必要があります。

 一般的に、出店に伴うビザ取得方法

一般的に、出店に伴うビザ取得方法は2つあります。

それは、

  • 現地法人に投資し投資家ビザを申請する方法
  • 日本で経営している会社から現地法人に出向し駐在員ビザを申請する方法

現時点で日本において会社経営を行なっておらず駐在員ビザ取得を目指す場合は、米国法人とその日本支店を設立し、まず日本支店で事業を開始するという方法をお勧めします

日本支店に1年以上勤務し事業を成功させれば、米国本店への駐在員ビザを取得できる可能性があるからです。

ビザをクリアできることが確認できれば、米国法人を設立し銀行口座を開設します。並行し移民弁護士にビザ申請を依頼します。ビザが取得できれば、あとは開店まで進めることができます。

実際にサービスをご利用いただいた方より、次のような声をいただきました。

profile私たちマークリサーチは、みなさまの米国進出を支援するために

  • 当社では、現地エージェントと提携し、日本国内で日本語でサービスを提供
  • 専門家とチームを組んでおり、会社設立維持に関して全般をサポート
  • 4,000社の実績
  • 日本国内のサービスなので、現地と時差がなく、相談・質問・サポートは日本時間の日中に行うことができる

というサービスを、格安で提供しています。全ては長年この業務を行っている経験とネットワークのたまものです。

実際にサービスを受けられた方からは

  • ①ハワイアン雑貨・ジュエリーを仕入れ日本でネット販売しています。ハワイ企業との取引のしやすさ、日本支店があることでのアフターサポートの安心感で、大きなメリットを感じています。
  • ハワイ大好きでフランダンス教室を経営しています。ハワイ法人のおかげでブランドイメージがアップしました。また、ハワイに出かけてハワイ法人としてフラ用品の仕入れができるようになり、ハワイとの繋がりがより強くなりました。
  • 米国で取得したMBAを利用した経営コンサルティング事業を、米国本社で東京とシンガポールに支店を設置しグローバルに展開しています。やはり日本企業に比べて米国企業は顧客に相応のインパクトを与えています。

といった声を頂いています。

みなさまもぜひ、同じように米国からの海外進出に飛び込んで頂きたい、その一心でサービスを行っています。よろしければまずはお問合せ下さいませ。

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.