MarkReaserch

レジスターエージェントとは何ですか?

会社登記におけるアメリカと日本の大きな違いの一つに「レジスターエージェント」があります。

アメリカのほぼ全ての州において、会社の郵便住所とは別に州内に住所を有する(私書箱は不可)レジスターエージェントの登記を義務付けています。

さて、この「レジスターエージェント」とは何でしょう??

会社登記は州法に基づいて行います。
従って、会社に対する様々な州法の適用範囲は州内ということになります。

一方で、登記した州内で事業を行なわない会社も多く存在します。
例えばデラウェア州の場合、登記している会社の多くは州内で事業を行なっていません。

そうなると、州政府やその関連機関からの通達や命令などが会社に伝わらない可能性があります。主にそれを防ぐために州内のレジスターエージェントを指定し登記することになっています。

また、レジスターエージェントの最も重要な役割は、会社が裁判における訴訟や出廷命令の対象となった際に送達を受理(Service of Process)することです。
その他、州政府や連邦政府とそれら関連機関からの公的な通知書を受理することもあります。

特に裁判所からの送達について受理を怠ると、会社にとって大きなダメージとなることがあります。レジスターエージェントが怠ったことを理由とする上告は極めて難しいからです。

このようにレジスターエージェントは重要な存在ですので、信頼のできる弁護士または専門会社に依頼するのが一般的です。

では、次回もお楽しみに!

<ご注意>
このブログの目的は一般情報の提供であり、個別の案件に対しアドバイスするものではございません。個別の案件につきましては各専門家にご相談ください。

===============================================
 ★アメリカの会社設立/起業/移住 情報満載!
  マークリサーチのサイトはこちら↓です。
  http://www.markresearch.com/corp/index.htm
  お問合せは以下のフォームからどうぞ
  http://www.markresearch.com/contact/contact.htm
===============================================

Share
更新日:2016-12-03

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share