MarkReaserch

アメリカLLCの日本営業所を登記するには?

アメリカの「コーポレーション」の日本営業所登記についての情報は多くありますが、
「LLC(Limited liability company)」になるとネット上にもほとんど情報を見かける
ことがありません。

「LLC」の日本営業所を登記する際の注意点はなんでしょうか?

日本営業所を登記する際は、日本における同種の会社又は最も類似する
会社に当てはめて登記することになっています。

従いまして、法人形態がアメリカで「コーポレーション」であれば日本で「株式会社」、
「LLC」であれば「合同会社」に当てはめて登記します。

日本の「合同会社」は、平成18年にアメリカの「LLC」をモデルに制定された
新しい法人形態であり、登記する内容は次のとおりです。

  • 目的
  • 商号
  • 本店の所在地
  • 存続期間又は解散の事由について定めがあるときは、その定め
  • 資本金の額
  • 公告方法
  • 業務執行社員の氏名又は名称
  • 代表社員の定めがあるときは、その氏名又は名称及び住所

日本営業所の場合は、上記に加え次の項目を登記します。

  • 日本における代表者の氏名及び住所
  • 営業所の所在地
  • 営業所の設置日

「株式会社」の登記と大きく異なるのは、“社員”の登記です。
ここで“社員”とは、一般的に使用する会社員や従業員のことではなく、
出資者(株主)を意味しますのでご注意ください。

“業務執行社員”は社員のうち業務を執行する者で、
「株式会社」の株主兼取締役に相当します。

さて、アメリカの「LLC」の日本営業所を登記する場合は、上記に当てはめる
ことになりますが、制度が多少異なりますので注意が必要となります。

「LLC」の場合は、“メンバー”(株主)が業務を執行する「メンバー・マネージメント」と
”メンバー”と“マネージャー”(取締役)を分離した「マネージャー・マネージメント」
の形態から選択することができます。

「メンバー・マネージメント」の場合は、“メンバー”を“業務執行社員”として
登記を行なえば問題ありません。

また、「マネージャー・マネージメント」の場合は、“マネージャー”と“業務執行社員”
は同義ではありませんが、ここでは“マネージャー”を“業務執行社員”と
置き換えて登記して問題ないものと考えます。

 <ご注意>
 このブログの目的は一般情報の提供であり、
 個別の案件に対しアドバイスするものではございません。
 個別の案件につきましては各専門家にご相談ください。

==============================================================
 ★アメリカの会社設立/起業/移住 情報満載!
  マークリサーチのサイトはこちら↓です。
  http://www.markresearch.com/corp/index.htm
  お問合せは以下のフォームからどうぞ
  http://www.markresearch.com/contact/contact.htm
==============================================================

Share
更新日:2016-12-03

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share