MarkReaserch

ハワイ一般消費税(Hawaii General Excise Tax)

さて、今回は事業主さんのためのハワイ消費税の知識についてまとめておきます。

■General Excise TaxとSales Taxの違い

米国の多くの州では日本の消費税に類するものとしてSales Taxを課税しますが、ハワイ州ではGeneral Excise Tax(以下、GE Tax)を課税します。

Sales TaxとGE Taxには特徴的な違いは次のとおりです。

Sales Taxは商品・サービス等に対し消費者が課税される

小売店は商品・サービスを販売する際に消費者から税を預り納税する。

GE Taxは事業所得に対し事業主が課税される

事業主はハワイ州内のビジネスの総所得(例えば経費控除前の総事業所得)に課せられる税を納税する。ただし、消費者に対し商品・サービスを販売する際に税を請求することができる。

■GE Taxの税率

種類 税率
製造・卸売等に基づく所得 *1 0.5%
保険料に基づく所得 0.15%
上記以外のほとんどの所得
(小売・サービス・建築・利息等)
4%
ホノルル市郡追加税 *2
(オアフ島内の所得)
0.5%

*1 ハワイ州のGE Taxライセンス事業者に卸売りする場合に限る
            *2 オアフ島内のビジネスに限り0.5%のホノルル市郡税が加算される。

■ハワイで商品を購入すると4.166%(オアフ島は4.712%)のGE Taxが請求されるが、これと上記の税率の違いは?

●小売店等は商品・サービスの総価格(本体価格+GE Tax)の4%(オアフ島は4.5%)を上限に消費者に請求できます。計算すると、本体価格の4.166%(オアフ島は4.712%)がGE Taxとなります。

計算例:オアフ島以外の島において本体価格100ドルのGE Tax(Aドル)は?

【総価格】 の【4%】 が 【GE Tax】
(100+A) × 0.04 =  A

計算すると‥  A = 4.166

本体価格100ドルに対しGE Taxは4.166ドル
つまり、GE Taxの税率は本体価格の4.166%

では、次回もお楽しみに!

<ご注意>
このブログの目的は一般情報の提供であり、個別の案件に対しアドバイスするものではございません。個別の案件につきましては各専門家にご相談ください。

===============================================
★アメリカの会社設立/起業/移住 情報満載!
マークリサーチのサイトはこちら↓です。
http://www.markresearch.com/corp/index.htm
お問合せは以下のフォームからどうぞ
http://www.markresearch.com/contact/contact.htm
===============================================

Share
更新日:2016-12-11

2 Comments

  1. アバター
  2. アバター
無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2020 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share