MarkReaserch

発信元IRSの怪しい文書!?

Categories: 米国税金

お客様から、英文のファックスが届いたので内容を確認して欲しいとメールがありました。

書類を見て、
「ああ、非居住者の米国源泉税免除(軽減)の申請書W-8BENを提出しろってことね。」
と簡単に思い、でも一応、会計士に確認してお答えしますと回答しました。

しかし、良く考えると、なんかおかしい。

IRS(米国内国歳入庁)からの文書で「Dear Sir.」ではじまり誰宛なのか、
そもそもこの申請書は利益の支払法人に提出するものなのにIRSへ提出しろとのこと、
さらには、いつものこの申請書に無い銀行口座情報の記入欄とパスポートの
コピーを要求している、
そして、IRSに教えたはずがないファックス番号に送ってくるとは‥?

念のために会計士に確認すると、

     やはり
       :
    『詐欺文書』
     と判明。

銀行口座の情報とパスポートのコピー、さらにサインがあれば、
預金を勝手に引き出される可能性大です。

ネットで検索してみると、この手法で被害にあった人が結構いるようです。
返却先のファックス番号(+1-206-225-2824)も要注意番号になっています。

IRSに問い合わせてみると、この文書に関する警告を出していましたので、
すぐに全てのお客様にその旨知らせるメールを発信しました。

 ↓IRSを騙る詐欺文書の画像

Ibf231335_2

Ibf231335_3

Share
更新日:2016-12-03

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share