MarkReaserch

アメリカ(米国)法人銀行口座の開設方法

アメリカ(米国)で法人設立した後、必要になるのが銀行口座開設です。
911テロ事件以降、銀行窓口での本人確認と審査が義務付けられたため、必ず銀行に出向く必要があります。

口座には、大きくSaving Account(普通預金口座)とChecking Account(当座預金口座)の2つがあります。法人の場合、小切手決済ができるChecking Accountを開設するのが一般的です。

■準備するもの

  1. Articles of Incorporation(基本定款)
  2. By-Laws(付属定款)
  3. EIN番号取得を証明する書類(IRS発行の通知書等)
  4. コーポレートシール
  5. 事務所住所を証明する書類(リース契約書、領収書等)
  6. 写真付き身分証明書(パスポート)
  7. 最初の預金(100ドル以上が多い)
  8. 取締役会による口座開設に関する決議書
  9. その他、銀行が要求する書類

ペーパーカンパニーの場合、事務所住所を証明する書類の準備が難しいこともあるでしょう。
その際の口座開設の可否は銀行の判断によります。
アメリカに出向く前に、直接銀行に相談することをおすすめします。

では、次回もお楽しみに!

<ご注意>
このブログの目的は一般情報の提供であり、個別の案件に対しアドバイスするものではございません。個別の案件につきましては各専門家にご相談ください。

===============================================
 ★アメリカの会社設立/起業/移住 情報満載!
  マークリサーチのサイトはこちら↓です。
  http://www.markresearch.com/corp/index.htm
  お問合せは以下のフォームからどうぞ
  http://www.markresearch.com/contact/contact.htm
===============================================

Share
更新日:2016-12-03

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2020 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share