MarkReaserch

【デラウェア州法人】失効した法人格を復活させる方法

Voidデラウェア州のコーポレーションは、毎年義務付けられている年次報告・フランチャイズ税納付を2年間怠ると、法人格の状態がActive(有効)からVoid(無効)と変わり、法人格停止の行政処分となります。

これを解消するためには、怠った全ての年次報告、フランチャイズ税とそのペナルティを納付する必要があります。ペナルティの額はDivision of Corporations, Franchise Tax Section(コーポレーション部門フランチャイズ税課)に照会します。その後、Certificate for Renewal and Revival of Charter(再生復活登記申請書)をDivision of Corporations(コーポレーション部門)に提出すれば、法人格は復活されます。

なお、怠った期間が長期に渡る場合、ペナルティが積み上がり、法人格の復活に多額の費用が掛かりることになります。例えば、最低フランチャイズ税が適用されていた会社が5年間支払いを怠っている場合、フランチャイズ税とそのペナルティの合計は3,000ドル以上になります。ただし、特例があり、5年以上怠っている会社は現行のフランチャイズ税の3倍を支払えば、全てのペナルティを支払ったと見なす、となっています。

この特例により計算すると、現行の最低フランチャイズ税175ドル×3=525ドルで済むことになります。

デラウェア州政府としても税収拡大のため、高額なペナルティのため復活を諦めるのではなく、復活し毎年定期的にフランチャイズ税を支払ってもらいたい、との思いからでしょう。

 

参照:デラウェア会社法§312 Revival of certificate of incorporation, (g)

Share
更新日:2017-09-29

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share