MarkReaserch

アメリカ進出時の会社登記と事務所設置、どちらが先?

年末が近づいてきました~!

そのせいでしょうか?
電話でのお問い合わせがひっきりなしにかかってくる1日でした。

その中でアメリカ支店の設置を計画している日本の企業さんから
次のような質問をお受けしました。

「支店登記と事務所のリース、どちらを先に進めればよいでしょうか?
支店を登記するには現地の住所が必要でしょうし、
事務所をリースするためには支店の登記簿が必要と思うのですが。」

卵が先か、鶏が先か? という話ですね。

この場合は、支店登記を先に進めることをおすすめします。

では現地住所はどうするのか?ということですが、
多くの州では現地住所を登記する必要はありません。

え~、日本人には分かりにくいですね。
日本には戸籍制度があり、会社(支店)も土地に登記するという感覚が
根付いていると思います。

しかし、アメリカでは戸籍制度はありませんし、
会社(支店)の登記は州内での事業許可を得るということ意味しており、
土地に登記するという発想はないのです。

また、デラウェア州に代表するように、本社だけを登記してもらい、
その事務手数料と僅かな税金を毎年課すことによって潤っている、
州内で事業を行わない法人登記を歓迎している州もあります。

従って、現地住所がなくても法人登記をすすめることができるため、
先に登記を行なって、その後に現地事務所をリースというプロセスが
成り立ちます。

もし、疑問がありましたら下記からご質問ください。

==============================================================
 ★アメリカの会社設立/起業/移住 情報満載!
  マークリサーチのサイトはこちら↓です。
  http://www.markresearch.com/corp/index.htm
  お問合せは以下のフォームからどうぞ
  http://www.markresearch.com/contact/contact.htm
==============================================================

Share
更新日:2016-12-03

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share