MarkReaserch

子供が取締役になれるか?

本日は、未成年者はアメリカの会社の取締役になることができるか、というお話です。

アメリカでは飛び級制度があり、小学生が大学を卒業資格を得るということも
珍しくありません。
未成年の子供が会社をおこし社長に就任するという話もよく聞きます。

それでは、どの州でも取締役に年齢制限はないのでしょうか?
答えは「No」です。
下記のように、州によっては年齢制限がありますので注意が必要です。

■取締役の年齢制限がある

 アラバマ州:19歳以上
 フロリダ州:8歳以上
 ネバダ州:18歳以上
 ニュージャージー州:18歳以上
 ニューヨーク州:18歳以上
 ワシントン州:18歳以上
 など。

■取締役の年齢制限が無い

 アリゾナ州
 カリフォルニア州
 コロラド州
 コネチカット州
 デラウェア州
 (ワシントン)DC
 ハワイ州
 など。

また、日本における代表者はどうでしょう?
日本の会社法では特に制限がありませんので、未成年者が就任することができます。

ただし、日本の民法では、意思能力により未成年者は制限があります。
弁護士の見解では、日本における代表者に就任できる意思能力を持つ年齢とは、
16歳以上と考えるのが妥当とのことです。

Share
更新日:2016-12-03

無料メルマガ大好評配信中!
海外法人設立成功の秘訣を特別公開! ありがとうございます!総読者10,000名突破!(メルマガ発行サイト含む) まずはお気軽にご登録ください。 (月1~2回配信)  ※サンプル
メールアドレス *
5日間メールセミナーに登録
日本に居ながらインターネットを使って米国で稼ぐ方法、米国に移住して成功する秘策などをお届け。(詳しくは→)
お名前(任意)
メールアドレス(必須) *

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績

米国法人・会社設立・維持管理4,000社の実績「有限会社マークリサーチ」

| 会社案内  | 個人情報保護方針 | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright © 2004-2016 Mark Research Corporation. All Rights Reserved.

Share